吉祥寺手技療法院

食事の役割 ~栄養摂取と文化と~

2015年6月11日 14:39 | コメント(0) | トラックバック(0)

食文化と国の文化の違いというのは本当におもしろいものです。
国の文化があるから食文化に影響しているのか?食文化があるから国の文化が決まるのか?そんな興味深さがあります。

現代人の大多数の認識では人の意識や考え、心は脳にあると考えられています。
しかし昔は人の気持ちは 「お腹」 にありと考えられていました。

腹が立つ
腹黒い
裏腹の気持ち
腹据えて考える
意中の人を振り向かせるには腹を満たせ

日本語というのは不思議なことに感情を表す表現に 「腹」 を使う表現が多くあります。
これはなにも適当に言ってるのではなく、正確な表現だったりします。

最近の医学や科学の世界で実はお腹に意識があるのでは?なんて研究がされています。
それは人の感情を作用させると言われているセロトニンという物質が、脳ではなくその多くが小腸から出ていることがわかってきたからです。
セロトニンが順調に働いていれば人はイライラすることも少なく、性格は穏やかになると考えられています。
一方で働きが上手くいかないときはイライラしやすく、落ち込みやすい性格になると言われています。

簡単にいうとお腹の調子で幸せな性格かどうか決まるということです^^
話が長くなるので無理やりまとめますと、、、

食生活が違えば性格が変わり、性格が変われば文化が違い、文化が違えば国が違うということです。
なかなか無理やりなまとめ方ですが、気が向いたら細かく話しましょう~

意中の人を手に入れるには、やはりおいしい肉じゃが!・・・なんですかね?

前の日記へ:夏の体調管理 ~体表は冷たくお腹は温かく~  |  次の日記へ:季節の変わり目 ~体温管理に気を付けて!~

category





最近の日記

Jul 19, 2017
夏バテには! ~とにかく冷えに注意を~
今年も暑い日が続きますね これでまだ7月の半ばなんて信じられないです(笑) 毎年...
Jul 04, 2017
よく生きる ~整体と自分と~
ここ最近自分のことであれこれ考えることで忙しくまったくもってブログさぼっておりま...
Feb 01, 2017
新しく年をむかえて
今年初の書き込みです。 新年を迎え早一か月、昨年は騒がしい一年だったと感じていま...
Jun 21, 2016
近況報告 ~体操教室やセミナー活動~
暑い日が続きますね! 今年は水不足なども起こっているようで、まだ6月だというのに...
Apr 21, 2016
身体がダルイとき ~動くべき?休むべき?~
なんとなく身体がダルイ、、、そんなときよくありますよね? 休むべきなのか、医者に...